Top

<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧




【 Fleestyle Juban 】

 
  
 
         『 冬のフリース襦袢始めました.. 』
 

             ♬… < CLICK ! >


さぁ皆さん!今日の商品はですねぇ、期待してくださぁーい!なんと、今までになかった(たぶんねw)新しい素材で出来た襦袢お伝えしまーす。

          早速 コチラを御覧下さぁ~い!! 
 
     
d0208557_17544756.jpg



      そぉーなんです。フリースで作った襦袢、その名も..


『Fleestyle Juban - フリースタイル襦袢』


          どぉーですぅ、赤いでしょうw


      えーと...◯ャパネットたかた風的演出に限界を
      感じてしまったので、いつもぽくやりまるね...


これを作る切っ掛け(ヒント)になったのが、以前ブログでもお伝えしました
     【 G.U × AKIRATIMES < CLICK ! > 】でして、
         あれ以降いつも想っていたことは...


      ------------以下 脳内会議イメージ------------


あきら:1「フリースで襦袢作ったらかなり使える米ぇ..(ニヤニヤ)」
あきら:2「ほっだな作ったら、業界のいろんなシステムぶっ壊れっべぇ..」
あきら:3「あきらサン業界の人じゃないべぇーっすw」
あきら:1「どぉーも、それゆけド素人です!」
あきら:3「w」
あきら:1「G.Uさんでフリース襦袢とか作らないかなぁ..」
あきら:全「 ・・・ 」
あきら:4「んじゃ、G.Uのフリース2つ繋いで作っちゃえば?」
あきら:全「E~ね~っす♬」


      -------えー、以上ですね。(しょーモナ)-------


てなワケで、ここからは G.Uさんのフリースをリメイクして拵えました、その名もフリースタイル襦袢の特徴etc...
先ず、とにかく暖かいこと。雪国山形の冬もコレ一本で乗り切れる!(かなぁ..?がんばれ!)次は、腰紐が要らないこと。写真はスタイリング上の演出であり、普段は帯はもちろんのこと、腰紐も使用しないのでラクチンであります。おまけに、ガンガン洗えます。フリースなので、当然そのまま洗濯してしまえるとゆーw。もひとつおまけとして、着物を脱いだらそのまま寝られますよ。



       【 以下、フリースタイル襦袢の作り方 】


材料:G.Uのフリース2着(2着で約1000円程度)
所要時間:初めてでも約30分程度(スタッフ:みどり子さん調べ)

作り方:上の部分はジャストサイズの物をそのまま使います。
下の部分はワンサイズ大きめの物を使用します。
今回は型紙等は使用せず、全てフリーハンド(ミシンも)で作ってみました。

1:下の部分の腕を縫い代分だけ残してカットします。
2:蝶ネクタイ位の高さで肩から肩まで真っ直ぐにカットします。
3:腕の箇所を閉じる様に縫います。
4:肩の部分と上のパーツを縫い合わせます。
5:袖を展開したもの2枚を縫い合わせてフードを作ります。
それを適当な位置に取り付ければ完成です。

ちなみにスタッフのみどり子さんは予想以上の出来に驚いておりましたが、
ぼくはイメージ通りで「あぁ..」ぐらいでしたねw

とにかく、袖が空いてて寒い、首周りも寒い、濡れたり汚れたりしたらメンテナンスが面倒、お金がかかる、着替えとたたむの面倒etc..

全部この逆をやってみたんです。

本当にソレだけです。


よって、デメリット:業界に怒られそうwww

(あぁ、ボクどフリーでしたね..♬)




---------------フード装着!(しゃきーーーーーーーーーーん!!!)----------------




d0208557_16345264.jpg

      袖の生地を余すとこ無く使用したため、かなり大きめの
       フードになり松下から、帽子も難なくすっぽりんぐ!

d0208557_16353612.jpg

         とにかくハンパ無い赤ずきん状態であるる♡

d0208557_16355391.jpg

        G.Uのフリースは、このフリースタイル襦袢を
         作る為のモノとしか想えない程の完成度!

d0208557_1636084.jpg

  はいこのとーり!着物を脱いだら、このまま速攻眠れるZzz...(mnmn)



まぁ、こんな漢字なのですケロ、コレを商売にするとか全然考えていないんで、誰か商品化しちゃってぷりーーーーーーず。

で、ド素人的るるるるぅ♬で、もっと面白いアイディアが沢山あるるなので、誰か私と組みませんきゃ???宜しければ一緒に遊びませう。

    てことで、連絡舞ってまぁーーーーーーーす!(ワクワク♬)



           宛先はコチラ... < CLICK ! >







     『 ドレスコードの一つ多い人生は きっと楽しい 』
 





            COSTUME : MIDORICO

               OBI : MAMI

   MODEL / PHOTOGRAPHER / STYLIST / EDITOR : AKIRA TIMES

           DIRECTION : KIMONO TIMES



 







 
 

 
 
 
 
女着物

着物写真

山形きもの

着物ブログ

akira times

平成式ロマン

G.Uフリース襦袢

きものでやまがた

山形着物タイムス

アンティーク着物

フリース素材の襦袢

www.akiratimes.co.jp

NO KIMONO, NO LIFE ?

yamagata kimono times

のーきもの、のーらいふ?

ノーキモノ、ノーライフ ?

♬ I'm Free / The Rolling Stones(1965)
[PR]



by K1LLER-A | 2014-02-04 17:07 | KIMONO TIMES JAPAN | Comments(0)


hello it's me...

ブログジャンル